シンガポールで生きる

2019年に移住しました。男の子のママです。なんのことない日常が大好きです。

チャイナタウンでショッピング

毎日、チャイルドケアを頑張っている息子。最近は、シンガポーリアンのお友達のお名前を話してくれることも出始め、ちょっとずつ環境に溶け込んでいるんだなと感じます。

 

そんな息子と、頑張ったご褒美に「10ドルまで好きなものを買っていいよ」と伝えて、ショッピングに行ってきました。

 

細々と何か買えるところと、、、いうことで、チャイナタウンに。

先日、写真で見せた1つ3ドルのネームタグと。

f:id:k0122t0710:20190905193716j:plain

 

他にも、民芸品のマラカスを2つ購入して、両手に持ってチャカチャカと鳴らして楽しんでました。

 

 

 

そんな感じで、のんびりチャイナタウンを散策。

 

 

 

チャイナタウンって、バラマキ用のお土産を購入するのは最適ですが、失礼ながら、あまり大人が素敵だなと思う品があるイメージではなかったのですが、、、

 

意外に(これまた失礼ですね。。)、素敵なものを見つけて私もワクワクしました。

 

まずはこちら切り絵。

 

 

f:id:k0122t0710:20190916161524p:plain

 

きっと、1つ1つ手作りなんだと思います。お値段を聞くと、1つ10ドルとのこと。交渉するともう少しお安くなるかもしれません。

額に入れて飾りたい。いろんな柄やサイズのものがありました。本帰国までに、ぜひとも手に入れたいお品です。

 

 

こんなクラッチバックも、着こなすのがちょっと難しそうですが素敵!!

お値段も6.9ドルなんて、お手頃すぎる。

f:id:k0122t0710:20190916161530j:plain

 

 

 

そして、買う予定はなかったのですが、こちらのポーチに一目惚れ。

お値段、1つ2ドルでした。

f:id:k0122t0710:20190916161513j:image

 裏地も付いていてしっかりした生地。

何より、この愛らしい見た目が気に入りました。

 

派手な柄なので、バックの中でも目立って良いです。

 

 

 

思いがけず私もショッピングを楽しんだチャイナタウンでした〜〜。

 

 

 

ジュロンバードパークが大好きです

シンガポールには、ZOO、リバーサファリー、ナイトサファリ、バードパークの4つの大きな動物園があるのですが、我が家のお気に入りはバードパークです。

 

エスト在住なので、アクセスしやすいという理由もあるのですが、大人も子どもも楽しめるジュロンバードパーク、大好きです。

 

そんなバードパークの中でも特に我が家のお気に入りが2つありまして。

 

1つ目は、High Flyers Show。11時と15時から行われるショーです。色鮮やかな鳥が、頭の上を飛びぬけたり。フラミンゴ、ペリカンなどの鳥が沢山登場したりと、30分程度のショー、見所満載です。

 

f:id:k0122t0710:20190916113636j:image

 



 

そして、先日、初めてショーのアシスタントに息子が選ばれました!

こんな風にフラフープを持ち立っていると、そのフラフープの中を鳥が飛んでいきます。「ブァッサーってすごかった!」と大興奮でした。

左右のゾーンの、真ん中あたりに座って、元気よく手をあげるのが選ばれるコツかと。

 

f:id:k0122t0710:20190916113602j:plain

 

他にもこのショーの中で行われる、御喋りを披露するオウム(?)や、鳥対決(二匹の鳥がどっちが早くボールを穴に入れられるかを競う)が息子のお気に入り。鳥対決では、観客も鳥の名前を呼びながら応援に参加できてとっても楽しいです。

 

 

2つ目のお気に入りは、Lories and Lorikeets。

2ドルで餌をゲットし、区画内を散策し、このように鳥に餌をあげられます。スタッフから「今日は鳥がNot hungryね」と言われた時でも、頑張って待っているとどこかしらで鳥が来てくれます。

f:id:k0122t0710:20190916113717j:image

 

f:id:k0122t0710:20190916121020j:plain

吊り橋があったりと、鳥を探しながら区画内を散策するのも楽しいです。

 

 

 

そんな、バードパーク。2020年に北部にある他の3つの動物園がある場所に移転するとの情報を知りました。

 

見所が多くて楽しいですが、パーク自体が熱帯雨林の森の中を散策しているような気持ちになれる癒しの空間。

この雰囲気のままでいてほしいな。

寂しいですが、移転するまで沢山通おうと思います。 

 

 

 

リーコンチェン自然史博物館の年パス特典

そういえば先日、

 

リーコンチェン自然史博物館のメンバーシップを購入しました。

 

メンバーシップのお値段は、大人も子どもも同額で、1年間で、37.45ドル。2年間で、67.41ドルでした。

(ご参考までに、スポット料金は、シンガポール居住者、大人15ドル、子ども8ドルです。)

 

で、購入特典が、なかなか豪華だったので、ご紹介します。

 

まず手土産にこんなものを頂きました。

 

f:id:k0122t0710:20190828203046j:image

 

なかなか豪華でしょ。

 

そして、こんなポスターも頂きました。クリスマス島のいろんな蟹のポスター。

f:id:k0122t0710:20190915144812j:image

 

小さい頃、地球儀を見て、「ここにサンタさんは住んでいるのかな?」と思いながら眺めていたクリスマス島。まさかこんな形で、再度お目にかかれるとは。

オーストラリア領で、シンガポールから意外と近い。

f:id:k0122t0710:20190915121228p:plain

 

こんな不思議なカニに会えるなら、いつか行ってみたいな〜なんて思いを馳せながらついつい眺めてしまいます。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、、

 

私が魅力に感じたのは、こちらの特典です。

 

f:id:k0122t0710:20190915121452p:plain

 

紀伊国屋書店の10%オフ!

 

そして、先日下記のブログで紹介した、お気に入りカフェBar Bar Black Sheepのフードが20%オフ!

 

NUSのリーコンチェン自然史博物館

https://www.k0122t0710.work/entry/2019/08/27/161307

 

紀伊国屋や上記特典に記載のお店をよくご利用される方は、特典目当てで購入されるのもいいかもです。

 

 

特典知らずに購入したので、とてもお得な気分になりました〜! 

 

プレゼントを求めてチャイナタウンへ

今週、無事にアテンドが終わりました。気心の知れた友人と過ごした数日間は、楽しく体は疲れたものの心休まる日々でした。旅好きじゃない友人が、遠い異国の地まで会いに来てくれて、本当に嬉しかった。

 

さてさて、そんな友人が来る数日前、チャイナタウンに友人へのプレゼントを買いに行っておりました。

 

f:id:k0122t0710:20190905193700j:image

 

 

1つ目のお目当はLANDEX。先日下見に行った際に、こちらの店舗が土日休みとのことを知り、チャイナタウンへアテンドするのが日曜日だったため、友人宅に似合いそうで重くない小ぶりのお皿を買いに行きました。

 

■LANDEX

http://www.landex.asia/

 

いつもセールをしているこのお店。この日は、80%OFFで、ラッキー(2019年9月上旬の日でした)。

f:id:k0122t0710:20190905193711j:image

 

 

無事購入でき、チャイナタウンをしばし散策。うちの息子が好きそうだなぁ〜とネームタグをいくつか見ました。1個3ドルくらい。

もちろん本物ではないと思いますが、そういうのがあるのもチャイナタウンの面白さですよね。

f:id:k0122t0710:20190905193716j:imagef:id:k0122t0710:20190905193725j:image

 

帰って息子に写真を見せると、クレヨンしんちゃんのちんちん丸出しのタグは「ママ、下品だよ」と言われてしまった。ついこの間まで好きそうだったのに。もうそういうのは、卒業したのね。。。

 

 

チャイナタウンからひとつ隣のアウトラムパーク駅に移動し。

 

 

2つ目のお目当ては、大好きなブロガーさんがご紹介してくださっていた小さな書店にあるポストカード。

書店に着いたのは10時半過ぎ。開店時間が11時からとのことで、時間つぶしのカフェを探そうとするとすぐお隣にこんな素敵なカフェが。

 

■ CLAN CAFE

https://straitsclan.com/clan-cafe

f:id:k0122t0710:20190905193731j:imagef:id:k0122t0710:20190905193738j:imagef:id:k0122t0710:20190905193748j:imagef:id:k0122t0710:20190905193756j:imagef:id:k0122t0710:20190905193802j:image

 

 

平日の午前中は、仕事で使っている欧米人のビジネスマンが多い様子でした。

頼んだティーはちょっと苦かったけど、雰囲気を満喫しました。

f:id:k0122t0710:20190905193811j:image

 

メニューはこちら。

f:id:k0122t0710:20190905193816j:imagef:id:k0122t0710:20190905193824j:image

 

 

外から見るとこんな感じで。コンシェルジュの方もいて。ちょっと入りにくい雰囲気なのですが、大丈夫です。

ここも、アテンドで一休みがてら寄ろうかなぁと思ったけど、日曜はやっていないみたい。残念。f:id:k0122t0710:20190905193830j:imagef:id:k0122t0710:20190905193834j:image

 

 

カフェでのんびりしすぎて、気がついたら11時を過ぎておりました。息子のお迎えもあって、11時半には帰途につく必要があり、大慌てで書店に。

 

■草根書室

https://www.facebook.com/grassrootsbookroom/

f:id:k0122t0710:20190905193840j:image

 

お目当のLee Kow Fongさんのグッズがありました。

f:id:k0122t0710:20190905193844j:imagef:id:k0122t0710:20190905193850j:imagef:id:k0122t0710:20190905193853j:image

 

友人にお手紙を書くためのポストカードを一枚と、こちらのクリアファイルをプレゼント用に買いました。ポストカードは最後一緒に観光予定のJEWELのものを。そして、シンガポールの昔ながらの風景の絵も欲しかったので、ファイルはこちらのデザインのものを選びました。

f:id:k0122t0710:20190905193856j:image

 

プレゼントを選んでいるとあっという間に帰る時間に。ゆっくり味わいたい空間だったので、また再訪します!

 

 

 

DIRIP TEXTILES

アラブストリートにあるDIRIP TEXTILES、インド綿のお店に行ってきました。

 

f:id:k0122t0710:20190905115253j:image

 

鮮やかな黄色の外観のお店です。

 

ちょっとしたプレゼントを渡す用があり、ナプキンを買いに行ってました。お店の外側に干してある(笑)、こちらのナプキンです。

カゴの中にある荷物の上にちょっとかけたり、花瓶の下に履いても素敵そう。我が家も置物の下に敷いていて、お部屋の素敵なアクセントになっています。

 

f:id:k0122t0710:20190905115452j:image

 

おひとつ2ドル。どれも柄が違ってどれも素敵で悩みました。お店の人曰く、先日、ヨーロッパの方が来て、150枚買っていかれたそう。ウェディングパーティーの、ナプキンに使われるとのこと!素敵だなぁ〜❣️

 

f:id:k0122t0710:20190905115923j:image

 

お隣にはこんな柄のものも。こちらは確か3ドル。上のものより、少し柔らかい素材でした。

 

f:id:k0122t0710:20190905120337p:image

 

こんな風に綺麗に個包装にしてくれて、洗濯の仕方が書いてあるシールを貼ってくれます。ギフト用に嬉しいですね。

洗濯は塩水に一晩つけてから、洗濯機で洗ってくださいとのことでした。

 

 

f:id:k0122t0710:20190905120555j:image

 

f:id:k0122t0710:20190905120604j:image

 

見ていると、大判のものも欲しくなりました。

テーブルクロスに良いなぁ〜。

 

f:id:k0122t0710:20190905120858j:image

 

こんな、可愛いクラッチバックもありましたよー。

 

 

店員さんもそこまで商売っ気が激しくなく親切に色々と教えてくれて、購入すると帰り際にお水も渡してくれて、リトルインディアにあるようなお店より入りやすいかなぁ。

 

 

プレゼントも買えて、週末のアテンド予定に向けて色々可愛いものがも見つけられて、充実した訪問となりました。

また買ってしまいそうだ(⌒-⌒; )〜

 

 

 

 

SEA Aquarium でお散歩

そして、もう一つ。午後のお散歩で、水族館も気に入っております。

 

セントーサ島ではUSSも水族館も年パスを購入し、チャイルドケア終わりに行こうと考えていたのですが。。午後の暑い時間帯、USSはキツかった。。。結局、USSには、お休みの日の夕方から夜の時間帯で、パパも一緒に行くようになりました。

 

なので、平日の午後、セントーサ島にはもっぱら水族館に。ちょっと贅沢なお散歩がてら使っております。

 

うちの息子が好きなのは。

サメ!入るとすぐに、「サメ見に行こう!」と言って、サメゾーンに走っていきます。

夜行性のサメの寝場所も覚えて、「ここだよ」と教えてくれました。

f:id:k0122t0710:20190827165854j:image

 

前半は結構混んでいることもあり、空いている水槽を眺めながら進みます。

歩き疲れた頃に・・・世界一大きな水槽ゾーンとなります!

f:id:k0122t0710:20190827165916j:image

 

水槽の前には、階段状になってみんなが座って見られる広いスペースが広がっており、売店もあるので、お菓子を買って休憩が我が家の定番です。

 

 

大きな水槽ゾーンの隣には、ワークショップスペースがあります。

今回行くと、一人5ドルで、好きな魚を選んでバッジを作れました。

 

f:id:k0122t0710:20190827165947j:image

 

 

 

このワークショップスペース、天井には魚が泳いでいる姿を下から見られるようになっていて。

エイが通るときは、みんな上を見上げてました。

f:id:k0122t0710:20190827170032j:image

 

 

こちらの展示物は、人や潜水艦が潜った最深記録など、海底に挑んだ深さの記録が表示されています。数字大好きな息子はこれが好きで、、、記録についての説明をしてある内容を教えてくれといつもせがまれます。

f:id:k0122t0710:20190827170047j:image

 

 

大きな水槽やワークショップスペースを越して、もう少し頑張って歩いて疲れるころには、最後の売店スペースがあります。良く出来ているな〜。年パスを持っていると、アイスクリームが無料でいただけますよ(メンバーシップカウンターでバウチャーを入手する必要があります)。

f:id:k0122t0710:20190827170104j:image

 

 

 

まだまだ通い始めたばかりなので、沢山通っていろいろ発見していきたいと思います。

 

 

f:id:k0122t0710:20190827170120j:image

 

 

NUSのリーコンチェン自然史博物館

お昼にはチャイルドケアのお迎えに行っているので、午後の長い時間をどう過ごそうか色々と試行錯誤しております。

 

そんな我が家の午後の過ごし方の一つ、こちら。

f:id:k0122t0710:20190827160546j:image

f:id:k0122t0710:20190827160553j:image

 

NUSのリーコンチェン自然史博物館。

下の写真は入ってすぐの壁画です。 

 

そこまで広くなく、ざっと回ると1-2時間で回れる程度の規模なのですが、、

一つ一つの展示物がとても見応えがあり、見ようによってはずっといられるんじゃないかな。

 

うちの子は、危険生物という図鑑が好きなので、それに載っている動物を見つけては興奮しております。

 

男の子受けしそうな、、

 

ムシーーー

f:id:k0122t0710:20190827160620j:image

 

ヘビーーーー

f:id:k0122t0710:20190827160636j:image

 

ワニーーーーー

f:id:k0122t0710:20190827160651j:image

 

恐竜ーーーーーー

f:id:k0122t0710:20190827160712j:image

 

恐竜の展示物は、ライトアップされ音がなる時間があるんですが、、ちょっと怖い、、小さいお子さんいたら泣いちゃうかも。。

 

 

こんなのも面白い。カエルの内臓剥き出しの展示物とかもありました。

f:id:k0122t0710:20190827160737j:image

 

 

ちょっぴりと言うか結構グロテスクなんですが、なんかオシャレに展示されていて、、、一個一個見ているとひきこまれる。不思議な空間です。

 

f:id:k0122t0710:20190827160756j:image

 

 

出ると、ちょっとしたショップもあります。お菓子やカップラーメンまで売ってあって、ショップ前にはちょっと座るところもあるので、チビ連れには大助かり。

 

f:id:k0122t0710:20190827160821j:image

 

 

 

そして、私は、博物館散策した後、隣の建物NUS博物館にあるカフェに寄るのが大好きです。

 

Bar Bar Black Sheep

https://sites.google.com/sgbbbs.com/hello/kent-ridge

 

NUS博物館の方に行くと、、

f:id:k0122t0710:20190827160827j:image

 

すぐにカフェが見えてきます。

f:id:k0122t0710:20190827160832j:image

f:id:k0122t0710:20190827160859j:image

 

 

オープンスペースなので、空調がきつくなく、緑が見える景色も良く。

f:id:k0122t0710:20190827160911j:image

 

私的にシンガポールで一番リラックスできるカフェです。

 

サッカー上映もしてますよ。

f:id:k0122t0710:20190827160917j:image

 

 

夜はバーになってライブもされているようです。

お昼はほとんど人がおらず静かですが。夜は学生さんで賑わうのかな?

夜にも訪れてみたいな〜。